やぐら歯科 | 高の原駅近くの歯科。歯医者 虫歯、歯周病、小児歯科。

肺高血圧症

肺高血圧症は、肺動脈や肺の血管が高い血圧で収縮し、拡張する疾患です。

通常、正常な肺の血圧は比較的低く、肺循環においては血液を肺へ送り、酸素を取り入れるための圧力を提供します。

しかし、肺高血圧症では、この血圧が通常よりも高くなり、心臓や肺に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

肺高血圧症は、原因によっていくつかのタイプに分類されます。

 

一次性の肺高血圧症は、肺の血管自体が狭くなり、血液の流れが制限されることによって引き起こされます。

これに対し、二次性の肺高血圧症は、他の疾患(例:心臓疾患、肺疾患、血栓症など)が肺循環に影響を与えることで生じる場合があります。

 

肺高血圧症の症状には、息切れ、疲れやすさ、胸痛、めまい、めまい、脚の浮腫などが含まれます。

治療法には、原因に応じた薬物療法、酸素療法、運動療法、手術などがあります。また、肺移植が必要な場合もあります。

 

肺高血圧症は重篤な疾患であり、早期発見と適切な管理が重要です。医師の指導の下で治療を受けることが重要です。

«