やぐら歯科内科 | 高の原駅近くの歯科・内科。歯医者 虫歯、歯周病、小児歯科。内科 糖尿病・甲状腺治療。

歯周病
periodontal disease

歯周病のセルフチェック

ブラッシング時に血が出る

朝起きたときに、口の中がネバネバする

歯ぐきが、むずがゆい/痛い

歯ぐきが赤く腫れている

固い物が咬みづらい

前歯が出っ歯になったり、歯が長くなったような気がする

歯と歯の間の隙間に、食べ物が挟まるようになった

※上記の項目に3つ当てはまる

[軽度歯周病]にかかっている可能性があります。

※上記の項目に5つ当てはまる

[中程度軽度歯周病]にかかっている可能性があります。

※上記の項目に全て当てはまる

[重度歯周病]にかかっている可能性があります。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯周病菌です。

バイ菌は集まるとプラークとなります。

プラークはバイオフィルムとも呼ばれており、歯にへばり付いています。

薬品だけでは、除去しにくい状態です。


そのため、しっかりと歯ブラシ等で除去することが大切になります。

歯垢(プラーク)は、取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。

これはブラッシングだけでは、取り除くことができません。


この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯石は、歯医者さんに行って専用の器具でないと、除去することはできません。

歯周病の原因
歯周病は治るのでしょうか?

歯周病は治るのでしょうか?

現在 歯周病は、予防も治療も可能です。

大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。


この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。

以前は、「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となりました。

歯周病の原因はプラークです。

それをお口の中に増やさない事が大切です。

そのためには…


(1)正しい歯ブラシを毎日実行することです。歯の表面をプラークのない清潔な状態にしておくことが、何より大切です。


(2)歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。


(3)健康の保持のため、歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。