やぐら歯科内科 | 高の原駅近くの歯科・内科。歯医者 虫歯、歯周病、小児歯科。内科 糖尿病・甲状腺治療。

虫歯のお話

歯の周りに菌が住み着いており、共存している集合体を「マイクロビオーム」といいます。  その中には良い菌も、悪い菌も一緒に住んでいます。  お母さんから生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌・歯周病菌はいません。  どこからともなくやってきて、お口の中に感染します。  生まれた後に虫歯の原因菌が人から人へ感染します。  虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。

虫歯菌のイメージ

 

皆さん、虫歯はどうしてできるかご存知ですか?
虫歯の原因は虫歯菌です。「ミュータンス菌」「ラクトバシルス菌」が代表的な虫歯菌です。

 

 ①きっかけを作るのがミュータンス菌

 

歯の表面に歯垢(プラーク)が溜まります。
これらはネバネバしておりミュータンス菌の住みかとして最適な環境なのです。
安心して生活できるミュータンス菌はそこで糖分を食べて酸を出し、歯の表面を溶かしていきます。
これが虫歯の始まりです。

 

 ②進行させるのがラクトバチラス菌

 

この菌は歯の表面に付着する力はありません。
ですが、虫歯の中に住み着くことが出来ます。
ミュータンス菌が開けた入り口から歯の中へ入り込んで、虫歯を進行させて行きます。

 

綺麗に歯磨き出来ているツルッとした歯なら、表面にミュータンス菌が付いても簡単に洗い流すことができます。

歯磨きが悪いと歯の表面にプラークが付着してミュータンス菌が安心して生活する場所ができ、虫歯へと進行していきます。

 

 

歯磨きの大切さはこれまでのお話で理解して頂けたかと思います。

次に大切な事はお口の環境です

 

  • 歯の質
  • 飲食の回数
  • 虫歯菌(ミュータンス菌)の量
  • 唾の質・量
  • 歯磨き

 

これらのバランスにより、虫歯のリスクは変わってきます。

ですから、兄弟で同じような食生活を行っていても違いが出てくるのです。

 

①歯の質

固い歯もあれば柔らかい歯もあり、個人差があります。

当然固い歯の方が虫歯にはなりにくく丈夫です。

 

②飲食の回数

いくら歯磨きを頑張っていてもダラダラと食べ続けていたり、アメ等をずっとなめていればミュータンス菌に餌を与え続けているのと同じです。

その結果、酸を出し続けられて歯が溶けていきます。

歯の周りに菌が住み着いており、共存している集合体を「マイクロビオーム」といいます。  その中には良い菌も、悪い菌も一緒に住んでいます。  お母さんから生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌・歯周病菌はいません。  どこからともなくやってきて、お口の中に感染します。  生まれた後に虫歯の原因菌が人から人へ感染します。  虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。

良い食事のペース

歯の周りに菌が住み着いており、共存している集合体を「マイクロビオーム」といいます。  その中には良い菌も、悪い菌も一緒に住んでいます。  お母さんから生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌・歯周病菌はいません。  どこからともなくやってきて、お口の中に感染します。  生まれた後に虫歯の原因菌が人から人へ感染します。  虫歯菌の主な感染経路はお母さんとお父さんです。

悪い食事のペース

 

 

③虫歯菌(ミュータンス菌)の量

数が多ければ出てくる酸の量も多く、歯が沢山溶けていきます。

 

④唾の質・量

唾には洗い流し・酸の中和・溶けた歯の固め治し(再石灰化)の能力があります。

質・量ともに少ないと虫歯になるリスクが高くなります。

 

⑤歯磨き

出来ていないと当然虫歯になりやすいです。

歯並びが悪くても磨き残しやすく、虫歯のリスクは高くなります。

 

これらのうち自分でコントロールできるのが、飲食の回数と歯磨きの仕方です。

甘いものも食べるなら食後のデザートにまとめると、酸が出てくるタイミングを1回にまとめる事が出来ます。

歯磨きの仕方も簡単なコツを知っているだけで、とても上手に磨くことも出来ます。

また、磨いているつもりでも磨けてない事もよくあります。

面倒がらずに一度相談しに来てくださいね。

«