やぐら歯科内科 | 高の原駅近くの歯科・内科。歯医者 虫歯、歯周病、小児歯科。内科 糖尿病・甲状腺治療。

2次象牙質

虫歯があります

2次象牙質

断面図です

かなり深い虫歯で神経に近いです

2次象牙質

虫歯を削って金属の詰め物が入りました

2次象牙質

角の部分が神経に近いため、しみる症状が残りました

2次象牙質

神経が自分で身を守ろうと反応しています

2次象牙質

神経の空間の天井の部分に壁を作り、距離をとりました

2次象牙質

詰め物と神経の距離が離れた為、しみなくなりました。

 

この様に歯の神経には、刺激を遮断する為に内面の壁を厚くする機能があります。

2次的に出来る象牙質ですので、2次象牙質と呼ばれています。

 

金属の詰め物や被せ物を入れた後にしみていた症状が、時間と共に感じなくなるのは

この様な神経の防御機構のおかげなのです。

«

»